犬の口臭の原因と病気の関係性

犬の口臭をチェック

歯肉炎などの歯周病、消化不良での下痢や便秘

犬の口臭が気になる時は、何らかの病気のサインかもしれません。
一日や二日で口臭が消えない様な場合は、犬の口の中や体のどこかに問題があると考えられるので、時々犬の口臭をチェックすることで健康状態をみて下さい。

犬の口臭の原因は、食べ物か病気が多いと考えられます。
質の悪い食べ物を食べ続けていると、口臭に現れてしまいます。
低品質の食料は消化不良から口臭になってしまうこともあります。
高品質の物を食べていると、口臭もなく新鮮な息を保つことができるそうです。
口臭から考えられる病気もあります。
例えば、歯肉炎などの歯周病、消化不良での下痢や便秘、胃や腸の問題、糖尿病や肝臓病、鼻炎や副鼻腔炎、また、犬がガンになっている場合も口臭が起こることがあります。

口臭の原因のほとんどが、口の中の病気と考えていいかもしれません。
年齢を重ねると共に犬にも歯垢や歯石が付きやすくなるため、歯肉炎や歯周病にもなりやすくなってしまいます。
犬の歯のケアはそれほど深く考えていない方もいるかもしれませんが、定期的な歯のブラッシングや検査などのデンタルケアを行うことで、体調管理もしやすくなります。
日頃から心掛けておいて下さい。

口腔以外の病気が口臭の原因

口腔以外にも病気が口臭の原因となっていることがあります。
人間にも考えられる病気でもありますが、糖尿病や腎臓病、鼻炎や副鼻腔炎などがあります。
病気の症状の1つに口臭もあるので、いつもと様子が違うと感じた場合は確認してあげてみて下さい。
その他に、犬がガンになっている場合も口臭がすることがあります。
口腔ガン、肺ガン、胃ガン、腸ガンなどが多いそうですが、中でも口腔は腫瘍が発生しやすい場所とも言われています。
全てが悪性腫瘍とは言い切れませんが、様々な種類があります。
犬の口腔ガンの症状として痛みがあるため、よだれが垂れるそうです。
痛みのため、食べることが難しくなってしまうこともあり、口臭はその時に起こるそうです。

犬と日々生活している中で、口臭が強くなってきたと感じるようなことがあれば、重要な病気になっている可能性も考えられるので、早めに動物病院の診察を受けるようにして下さい。


アレルギーにおすすめのドッグフード